eeeUbuntu 8.04 インストール顛末

念願のUbuntuを,ASUS Eee PC 901-Xにインストール出来ましたので,その顛末をここにまとめておきます。 :)

私の目指したインストール環境はやや特殊かも知れませんが,こんな感じです。

  1. インストール先はSDHCとする
  2. SDHCからのブート方式を採用・・・(自動ではWinXPがSSD-SLCから起動)
  3. インストール用デバイスはSD
  4. LinuxディストリビューションはeeeUbuntu 8.04で,ライブCDの部屋から調達
  5. 調達方法はBitTorrent方式とする

先ずSHDCは,値段も手頃になってきた8GBタイプとする事に決定し,定番の上海問屋から購入することにしました。一応,class6の梅に鶯バージョンです。

インストール用デバイスですが,普通の選択肢は

  • 外付けUSB-CD/DVDドライブからCDで
  • 1GB容量以上のUSBフラッシュメモリー

から行うらしいのですが,私の手元には256MB-USBメモリーか,1GB-SDカードしかない。

で,いろいろ悩んだ結果,たまにしか使っていなかったUSB-メモリーカードコンバータにつないで,SDカードをUSB-フラッシュメモリー化してみることにした。って,そのままつないだだけですけど。 :p

続いて,eeUbuntu 8.04の入手ですが,タイミングの悪いことにライブCDの部屋さんが,ルータの故障で不通状態。・・・結局,10月2日にめでたく復旧した旨,サイト訪問にて知りました。お疲れさまです。

負荷を分散させる意味でも,BitTorrent方式をと言うことでしたので,まだ導入していなかったクライアントを導入して,torrentへのリンクから入手。USBにISOイメージを書き込む方法が分からなかったのですが,ブートファイルを書き込めばいいだけでした。この時にお世話になったソフトは

  • BitComet・・・ torrent 環境
  • Syslinux・・・ ブートローダ書込用
  • PowerISO・・・ isoイメージを展開

PowerISOは,一々CDに焼かずに直接,USBなどにファイルを展開できます。この後,Syslinuxでブートローダを加えれば,USBメモリーがLiveCDに早変わり。 :D

ところで,ESC長押しでUSBから起動する予定でしたが,上手くいきません。BIOSを1501まで上げているのが原因かどうか,BIOS 選択画面が表示せずに,いきなりWinXP画面へ。・・・これは,F2長押しでBIOSへいくことができたので,そこでUSB のブート順位を上げてみる。後で分ったことですが,ハードディスク順位をUSB優先にすれば,上手くいくみたい。

とにかく何とかUSBから起動できたので,USBインストール状態へ移行。ESC長押しでUbuntuのインストーラが起動できました。

後は聞かれるままに答えるだけですが,ユーザ名だけは要注意。あとで変更しようとすると,かなり厄介な事に。

パーティションの設定は,判りにくかったのですが,結局全ての空き領域を選択する方式で,SDHCエリアを選択。マルチブートもSDHCから行うようにしました。これは詳細を選択する必要があります。

無事インストールも終わって,起動できたはいいですけど,無線が使えません。再起動してもう一度無線を設定しようとすると,ちゃんと見つけにいきましたので,設定を完了。

いきなりパッケージのバージョンアップが続いたのには驚きました。

タグ: , , , ,

コメントをどうぞ

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!: