今年の進歩ベスト10(サイエンス誌):京大iPS細胞が2位

京大iPS細胞が2位 米科学誌、今年の進歩ベスト10

Science? 誌によると,今年の進歩ベスト1は「ヒトの遺伝的多様性の解明の進展」で,2位が「ヒト人工多能性幹(iPS)細胞の作成」だそうで,医療関係だけで6件入っている。全リストは以下の通り。

  1. ?ヒトの遺伝的多様性の解明の進展
  2. ヒト人工多能性幹(iPS)細胞の作成
  3. 宇宙線の起源は活動銀河核と判明
  4. 医薬品開発に役立つ「Gたんぱく質共役受容体」の構造解明
  5. シリコンを超える半導体新素材開発
  6. コンピューターへの応用が期待される「量子スピンホール効果」確認
  7. ワクチン改良に役立つT細胞分裂の詳細解明
  8. 医薬品化合物の低コスト合成法開発
  9. 脳の海馬が記憶や想像に果たす役割解明
  10. 「チェッカー」ゲーム解明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!: