I-131とCs-137による内部被曝量の換算

いろいろ見てきましたが,面倒な計算などせずに済むよう,ICRPと言うところが換算する係数を「実効線量係数」として勧告しています。

  • ^{131}I(I-131) → 0.022\mathrm{\mu{}Sv/Bq}
  • ^{137}Cs(Cs-137) → 0.013\mathrm{\mu{}Sv/Bq}

これを使えば,少なくともこれらの放射性物質に汚染された水,牛乳,野菜類などを経口摂取する場合の目安になります。

その他詳しくは,このサイトを参考にして下さい。

# S.U さんのご指摘により,単位を修正 / Thanks! S.U さん

タグ: , , , ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. S.U より:

    有用な情報をありがとうございます。
    ただ、単位は ナノシーベルト/ベクレルではなく、マイクロシーベルト/ベクレル ではないでしょうか。よろしければご確認お願いします。

  2. zero より:

    S.U さん,ありがとうございます。 :)

    ご指摘の通りです。何でこんな間違いを 8-O ・・・マスコミのことを批判している場合ではありませんでした。

    22ナノシーベルトとすべきだったのかもしれませんが,世の中で聞かれる数値はマイクロですからね。 :mrgreen:

    ちょっと,更新をサボっていて。ご指摘に返信できませんでした。申し訳ございません。

コメントをどうぞ

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!: