EeePC」カテゴリーアーカイブ

ubuntu 13.04 → 13.10 アップグレードに苦戦

ubuntu 13.10 がリリースされたというので,早速バージョンアップを考えていると,定期的に「ソフトウェアの更新」がアップグレードを煽ってくるんですよねぇ。? :)

Screenshot_from_2013-11-06 01:13:46

しかし,Ubuntu Japanese Team のリリース情報によると?リリースノートの日本語入力に関する部分?で iBus の仕様変更により,不都合だらけの改悪仕様に成り下がった様です。 :evil:

残念なことに,どうも 13.10 そのものが Windows 8 仕様を意識しているとかで,何とも情けない事情なのですが,対処療法的ではあるものの,その後リリースされた日本語 Remix でも導入されている環境を加えればほぼ元に戻せると判りましたので,手順を残しておきます。 ?:grin:

しかし・・・途中,かなりやばいことになってしまって・・・

では,アップグレード開始・・・その1(なぜ,その1なんでしょう :-|

Screenshot_from_2013-11-06 01:15:29

Screenshot_from_2013-11-06 01:16:00

Screenshot_from_2013-11-06 01:16:54

Screenshot_from_2013-11-06 01:17:31

Screenshot_from_2013-11-06 01:18:08

と,ここまでは順調。後はインストールを待つだけ・・・のはずが・・・

Screenshot_from_2013-11-06 01:19:32

あっ!そうか・・・こういうバージョンアップの時はゴッソリダウンロードしてから書き換えていくので,それだけの容量が必要なんですねぇ。忘れてた。? :?

しかも,我が愛機 eeePC 901X は買ったままの SSD 4GB+8GB 仕様のため,ギリギリで運用中だったのでした。「/」は4GB側のSLCに,「/usr」を8GB側のMLCに切り分けてはいるものの,システム側の4GBは厳しいのは確か。

と言うことで,Ubuntu Tweak や apt-get autoclean 等をせっせと行なって「/」側をダイエットし続けましたが,未だ数百MBの空きが足りない。

Baobab (ディスク使用量の解析)で見ると,どうやら Wine が500MB以上を食っていると判明。一旦,Wine を remove することにしました。これが正解!

何とかギリギリ1.7GB程確保して「ソフトウェアの更新」から再開。

では,アップグレード開始・・・その2

容量不足の難関は何とかクリアして(と言っても,時折「容量が少なくなっています」というメッセージは続くのですが・・・),アップグレードのインストール。

Screenshot_from_2013-11-09 20:25:12

Screenshot_from_2013-11-09 20:25:44

Screenshot_from_2013-11-09 20:27:07

Screenshot_from_2013-11-09 21:05:15

ま,その後もいろいろ有りましたが,無事インストールを済ませ,いまのところ問題なく・・・いや,iBusは使いづらくなっています・・・使えています。

Ubuntu 8.10 にアップグレード・・・いやぁ・・・大変!

EeePC901はWindowsXPとしては使うものの,まだLinuxマシンとしてはそれほどバリバリ使っている訳ではありません。日本語変換がATOK風にできないのが最大の難点。(方法は有るんでしょうが,ややこしくて・・・)

で,最近になってパッケージマネージャーが毎回「Ubuntu 8.10にアップグレードできます」と言ってくるので,どうせダメなら入れ替えればいいか?と,軽い気もちで試してみることにした。

そのままアップグレードを選ぶだけですが,長時間を要するらしいので,できれば有線LANが好ましいでしょうし,寝る前にスタートと言うのがベストかと。・・・私は一応,無線のままで就寝前に。

途中,残り7時間だの8時間だのと言ってきていましたが,朝には途中で「〜と入れ替えますか」と言うプロンプトで止まっていた。ま,残り2時間程度のところですが。

grubもちゃんと入れ替えられて,すんなり再起動できました。ここまでは順調。

で,やっぱりと言うか,無線LANが認識できません。 続きを読む

eeeUbuntu 8.04 インストール顛末

念願のUbuntuを,ASUS Eee PC 901-Xにインストール出来ましたので,その顛末をここにまとめておきます。 :)

私の目指したインストール環境はやや特殊かも知れませんが,こんな感じです。

  1. インストール先はSDHCとする
  2. SDHCからのブート方式を採用・・・(自動ではWinXPがSSD-SLCから起動)
  3. インストール用デバイスはSD
  4. LinuxディストリビューションはeeeUbuntu 8.04で,ライブCDの部屋から調達
  5. 調達方法はBitTorrent方式とする

先ずSHDCは,値段も手頃になってきた8GBタイプとする事に決定し,定番の上海問屋から購入することにしました。一応,class6の梅に鶯バージョンです。

続きを読む

Fluxbuntu で補足

前回の調査では,Fluxbuntuについてよく判らなかったのですが,Wikipediaに詳しく載っていました。
それによると,Fluxbuntuは,Ubuntu系でありながら,非公式なディストリビューションらしい。Fluxboxウィンドウマネージャーを搭載しているところが,根本的に他とは違うとか。
とにかく軽量化ということで,OpenOffice.org, Firefox などが,他のソフトに置き換わっている。
Firefoxは,同じGeckoエンジンの風博士というのが入っているらしい。
なんか,面白そうなディストリではある。

EeePC には Ubuntu が良いらしい

KNOPPIX 続きでいろいろ調べていると,EeePC901のLinuxバージョンは「Ubuntu」だとか。「Xandros」だそうです。

いろんな方のインストール記事を見ていると,Xubuntu,Xandros ubuntu という名称も出てくる。・・・いつの間にか,Linux からの派生バージョンがいろいろと入り組んできているよう。ちょっと,まとめて見ます。

  • KNOPPIX <- Debian
  • Ubuntu <- Debian : GNOME 環境
  • Edubuntu <- Debian : GNOME 環境で教育用にカスタマイズ
  • Kubuntu <- Debian : KDE 環境
  • Xubuntu <- Debian : Xfce 環境で軽い
  • eeeXubuntu <- EeePC 用に特化した Xubuntu ・・・無線LAN等が一発
  • Fluxbuntu <- Debian : ubuntu シリーズで最も軽い → ここからDL
  • Gobuntu <- Debian : フリーソフトウェアのみの構成
  • Ecolinux <- Ubuntu : 日本の高校生が主導
  • Ecolinux-ez <- Ubuntu : 初心者向け
  • LinuxMint <- Ubuntu : GNOME, KDE, Xfce, Fluxbox 環境エディションに分かれる
  • gOS <- Ubuntu , Google アプリで統一?でも Good OS の意味らしい
  • Xandros <- CoreLinux ・・・海外版 eeePC/Linux
  • VineLinux <- RedHatLinux :日本オリジナル・・・製品版にはフォント多数
  • PuppyLinux <- Linux 系:最も軽量・・・日本語版で約100MB

ま,いろいろとありますが,SDHCカードを購入して,eeeXubuntu を導入してみようと思います。

Eee PC 901 にも TeX 環境

折角,\TeX数式が Web 上であらわせるようになったんで,EeePC901の方も,バリバリ \LaTeX が使える環境を構築してみました。

手順は以下の通りですが,当然インストール先は D: ドライブ・・・

  1. かの有名な奥村晴彦氏が管理されている TeX Wiki へ向かう
  2. Windows(インストール)から,アスキー版 pTeX を角藤亮さんが移植されたW32TeXを構築する準備に入る
  3. 19?28ファイルをダウンロード・・・負荷を掛けないように1ファイルずつ
  4. インストールするディレクトリにtexinst757.zipを展開
  5. texinst757 [ダウンロードしたディレクトリ] でインストール
  6. 環境変数の設定,新ドキュメントクラス等・・・
  7. Ghostscript7.07, dviout for Windows, GSview をインストール
  8. これらを統合する Winshell を使うという手もあるが,使い慣れた TeraPad をチューンアップすることに
  9. TeraPadのツール設定を図のようにすれば,すんなり
TeraPadツール

TeraPadツール

註:TeraPadで編集した\TeXファイルは,更新の都度「上書き保存」することを忘れずに。

ASUS Eee PC 901-X 使用感 – 5 –

BIOSがバージョンアップしていましたので,ダウンロードし,ASUSUpdateでアップデートしてみましたが,うまく行っているのかどうかが???

どうも,BIOSは901.ROMとしてしか認識しないらしい。

しかし,BIOS情報を確認で見てみると,ちゃんとバージョン:1201となっている。大丈夫らしい。

さらに,Elantech Smart-Padを導入。 PC-900用だが,機能も豊富で容量も食わないことから,入れない手はないと思うが,いかが?

ASUS Eee PC 901-X 使用感 – 4 –

どうもIEがおかしい。Google画面から,日本語で検索しようとすると,コケル。

かなり確率が高い。

仕方なく,Firefoxを試してみると,問題ない。よく判らないので,IEはいずれ捨てようと思う。

ところで,パッドが親指の動きを拾うのが邪魔になる。困ったもんだ。

ASUS Eee PC 901-X 使用感 – 3 –

実際にマイドキュメントのターゲットフォルダーを移動してみました。実に簡単。

ついで,WindowsLive系のソフトを全てアンインストール。スッキリ。 :)

Windowsの更新も済ませているし,AVG, TeraPad をインストール済みなので,初期状態とは比較できませんが,これで C: ドライブの空きは 800MB 程度から 1.04GB にアップした。 :)

ASUS Eee PC 901-X 使用感 – 2 –

パート2と言うほどの事でも無いんですが,その後判ったことなどをメモしておきます。

  1. BIOSのバージョンアップを行うと,カメラが無効に設定されるので,BIOS設定画面で有効にする必要がある。
  2. 電源管理では,スタンバイに入るまでが5分に設定されており,10分程度に要変更。
  3. タッチパッドの感度を調整するソフトが Eee PC 900 には有るらしい。同梱忘れ?
  4. ASUSのスタンスは「裏ブタ等を外して改造しても,初期状態に戻せば保証の対象」だとか。
  5. Atomプロセッサは,デュアルコアだった・・・今ごろ知った!
  6. SDHCメモリーカードをHDDとして認識させる方法が有るらしい。
  7. pdaXrom でダイエットなどに挑戦された様子が詳しく掲載されている。