ヨウ素131による内部被曝

^{40}Kの内部被曝を計算してきたついでに,^{131}Iについても考えてみます。 必要な基本データは次の通りです。

  1. 崩壊パターン
  2. 崩壊エネルギー
  3. 半減期
  4. 測定された放射能(ベクレル:Bq)・・・Bq/kg表記が多い

1.の崩壊パターンは\beta{}^-崩壊とその後に続く\gamma崩壊。

2.の崩壊エネルギー(MeV)は多い順に

\beta{}^-崩壊
0.60631(89.9%)\,,\,0.33381(7.27%)\,,\,0.24789(2.1%)

等広く分布

\gamma崩壊
0.364489(81.7%)\,,\,0.636989(7.17%)\,,\,0.284305(6.14%)\,,\,\\0.080185(2.62%)\,,\,0.722911(1.773%)

となります。

これらを合計すると

0.57454+0.37583=0.95037[MeV]

1[MeV]=1.60217646\times{}10^{-13}[J]より

0.95037[MeV]\times{}1.60217646\times{}10^{-13}[J/MeV]=1.52266\times{}10^{-13}[J]

3.の半減期は8.02070日・・・これは最後にちょこっと。 :D

4.の測定された放射能は,3月24日の報道によると

「ほうれん草1kgあたり24000Bq」。

インパクトのある数値です。

この数値は,必然的に「洗った後の数値」になることに留意が必要です。

なお,水洗はしていないとの報道もありますが,泥まみれになっているモノも想定され,洗う場合とそうで無い場合がある方が不自然。洗うのが当たり前と思います。

“ヨウ素131による内部被曝”の続きを読む