‘科学’ タグのついている投稿

iPS細胞を理解する-2-

2008 年 2 月 2 日 土曜日

ITmediaの連載「iPS細胞は再生治療の切り札となるか?(その2)

今回は「iPS細胞はどこが新しい」・・・ES細胞とどこが違う?という内容。

受精卵など,本来「生命の元」となる細胞から得られる「ES細胞」に対して,同じ機能を持った細胞が皮膚細胞などから作り出したのが「iPS細胞」ということらしい。

しかしまだ問題は残る。普通の細胞が「幹細胞」になるには「初期化」・・・つまり,まだどんな機能を持つ細胞に分化するか決まっていない状態」にリセットする必要があるのだが,このためにある遺伝子を送り込む必要があるのだが,この中に「発癌関連遺伝子」が含まれるらしい。

この壁を乗り越えれば,いよいよ「臓器再生」も夢じゃない!

iPS細胞を理解する

2008 年 1 月 26 日 土曜日

ITmediaに「iPS細胞は再生治療の切り札となるか?(その1) 幹細胞って何?」と言うコラムが連載されました。

挿絵入りで,詳しく書かれているのですが,ES細胞の説明までで,肝腎のiPS細胞は次回。楽しみですね。

そこまでやっていいの?

2008 年 1 月 25 日 金曜日

みなさん,この記事(→ http://www.asahi.com/science/update/0124/TKY200801240478.html)を見て何を感じますか?

おい!そこまでやっていいの?

が,私の正直な気持ち。

新たな品種を「交雑」と言う手法で予測する「改良」ならともかく,神のみぞ知り得た「突然変異」を通り越してヒトは,新たな生命体の「創生」に係わろうとしている・・・

本当に悪用されない保証はあるのだろうか・・・心配。

モスアイ型無反射フィルムって?

2008 年 1 月 17 日 木曜日

世界初・連続製造可能なモスアイ型無反射フィルム製造プロセスの開発に成功!

いったい,何のこと?

モスアイとは「蛾」の「目」と言う意味らしい。モスラのモスです。

で,このナノテク材は「水をはじく」性質があって,再生医療の「足場基材」になりうると言う期待が。

かざすだけで大容量データを高速転送(560Mbps)

2008 年 1 月 7 日 月曜日

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200801/08-002/index.html

ソニーが新たな近接無線転送技術「TransferJet」を開発したそうです。

これからのデータ転送は「かざすだけ」になるんだそうで,便利というか怖いというか・・・

うっかり間違って,見られては困るデータが大画面に表示されたりして・・・・おぉ,怖っ!