TeX」タグアーカイブ

UbuntuにTeX環境 -2-

Ubuntu 12.10 になって,TeX Live 2012 がいとも簡単にインストールできるようになりました。

例によって,TeX Wiki 情報に尽きるのですが,結局このこの2行だけ!

sudo apt-get install texlive-lang-cjk
sudo apt-get install xdvik-ja

私の環境では,インストールされるファイルは56個,709MBでインストール後は約1.3GBを消費!・・・以前なら3GB超だったので,かなり減ったとは言える?

で,実際にTeXで作成した文書をpdfなどへ出力する方法ですが,先の TeX Wiki の通りにやれば間違い無いとは言え,どこまでやればいいのか?

結局,以下の設定だけで何とか使えてています。当分このままで使い込んで見ることに。 :smile:

  1. TeX を dvi に変換する外部コマンド作成
  2. dvi を pdf に変換する外部コマンド作成

出来上がった pdf を Evince で確認するという作業になります。

platex → dvi → pdf と一気に行うコマンド(シェルスクリプト)も TeX Wiki/gedit に紹介されていますが,図表の参照時などに pLaTeX を複数回実施したい時など,チョット不便。

ここは,面倒でも1.と2.の2段階の方が都合がいいと思います。つまり,

tex2dvi として・・・

#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
platex -synctex=1 "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME"

dvi2pdf として・・・

#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
dvipdfmx "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`"

gedit から Evince で pdf を確認するなら・・・

#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
evince "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"

で,十分。

LaTeX Plugin を有効にするような説明がありますが,日本語だからか上手く機能しません。という事で,チェックしていません。 :D

UbuntuにTeX環境

一度は,「UbuntuにTeX環境」構築を目論んだのですが,如何せん8GB-SDカードでは容量不足で頓挫していました。

最近になって,16B-SDカードに差し替え環境一新。

再度挑戦してみましたので,メモを残しておきます。

・参考にしたサイト・・・ここ[TeX Wiki]に尽きます :grin:

wget http://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz

で,インストール環境を取り寄せ,展開,移動・・・

tar zxvf install-tl-unx.tar.gz
cd install-tl*

そして,インストール作業を実行!

sudo ./install-tl --repository http://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/

なんと,2528ファイルで合計3153MB! 8O

寝る前に放置してダウンロードだけで4時間弱。

最終的にはちゃんと「Welcome to TeX Live!」で終わっていました。 :)

ubuntu 8.10 に TeX 環境を・・・

設定集 @WIKI – LaTeX なんかを読むと

$ sudo apt-get install latex-env-ja
$ sudo apt-get install latex-extra-ja
$ sudo jisftconfig add

で,\TeX環境が構築できると有りますが,そんなパッケージは無いと言って怒られる。

そこで,latex-env-ja でインターネットを検索すると,
[ubuntu-jp:575] Re: 日本語TeX環境に必要なもの

と言うリンクに遭遇。早速,latex-env-ja_0.1_all.deb からダウンロードしようとすると,パッケージ・インストーラが起動して,インストールを促してくる。

進めると,ファイルが30も有るらしい。同様に extra の方もインストール。

pLaTeX でタテ配置の下余白

pLaTeX で横書き,タテ配置の場合,右余白は「傍注」と言われる部分を 0mm にしてしまって,marginparsep を設定すれば,それが「右余白」になるのですが,下余白は「普通」では無理です。本文領域に左右されてしまいます。
そこで以下のようにしてみると,footskip を引き上げる設定が下余白になることが判りましたので,メモっておきます。

% 長さ方向のレイアウト

% \newdimen\bottommargin
\setlength{\textheight}{\paperheight}??? % 本文領域:タテ
\setlength{\topmargin}{10mm}??? ??? % 上余白
\setlength{\headheight}{8mm}??? ??? % ヘッダ領域
\setlength{\headsep}{5mm}??? ??? % ヘッダ下端と本文上端との空き
\setlength{\footskip}{20mm}??? ??? % フッタ下端と本文下端との長さ
% \setlength{\bottommargin}{10mm}
\addtolength{\textheight}{-\topmargin}??? % -(上余白)
\addtolength{\textheight}{-\headheight}??? % -(ヘッダ領域)
\addtolength{\textheight}{-\headsep}??? % -(ヘッダ間余白)
\addtolength{\textheight}{-\footskip}??? % -(フッタ下端) → タテ長さ確定
% \addtolength{\footskip}{-\bottommargin}
\addtolength{\footskip}{-10mm}??? ??? % 下余白
\addtolength{\topmargin}{-1in}??? ??? % 元の空白削除

bottommargin は,判りやすくするためにと思いましたが,不要ですね。 :)

Eee PC 901 にも TeX 環境

折角,\TeX数式が Web 上であらわせるようになったんで,EeePC901の方も,バリバリ \LaTeX が使える環境を構築してみました。

手順は以下の通りですが,当然インストール先は D: ドライブ・・・

  1. かの有名な奥村晴彦氏が管理されている TeX Wiki へ向かう
  2. Windows(インストール)から,アスキー版 pTeX を角藤亮さんが移植されたW32TeXを構築する準備に入る
  3. 19?28ファイルをダウンロード・・・負荷を掛けないように1ファイルずつ
  4. インストールするディレクトリにtexinst757.zipを展開
  5. texinst757 [ダウンロードしたディレクトリ] でインストール
  6. 環境変数の設定,新ドキュメントクラス等・・・
  7. Ghostscript7.07, dviout for Windows, GSview をインストール
  8. これらを統合する Winshell を使うという手もあるが,使い慣れた TeraPad をチューンアップすることに
  9. TeraPadのツール設定を図のようにすれば,すんなり
TeraPadツール

TeraPadツール

註:TeraPadで編集した\TeXファイルは,更新の都度「上書き保存」することを忘れずに。

mimetex.cgi をローカルに導入

外部サイトへ要求する形式だったので,無駄なトラフィックを減らす意味でも,mimetex.cgiをローカルに導入してみました。

とは言うものの,実は CGI の設置は初めて。結構苦労してしまい,おかげでいろいろ勉強になりました。

  1. ご本家: http://www.forkosh.com/mimetex.html から,mimietex.zip をダウンロード
  2. レンタルサーバに専用スペースを確保して,コンパイルしてみる
  3. うまく行かないので,コンパイル済み Linux バージョンをダウンロード
  4. サーバへバイナリモードでアップロード(拡張子を gif で誤魔化す)
  5. .htaccess を設置し,属性を変更
  6. URLを直打ちして,動作を確認・・・OK
  7. プラグインからの参照アドレスを変更

\sqrt[n]{a^2+b^2}

f(x)=\int_{-\infty}^xe^{-t^2}dt

久しく,{\TeX}を触っていませんので,その辺も一から勉強しなおしですけど・・・

LaTeX が使えるかな?

mimeTeXなるプラグインをインストールしたので,TeXが表示できるか試してみる。

なお,元のままでは問題がふたつ・・・

  • mimetex.cgi が置いてあるホストが若干違う
  • texのタグが<>で囲まれていると,リッチテキストモードでは消えてしまう

一つ目は, http://pagememo.blogspot.com/2007/11/mimetexlatexwordpress.html

を参考にして,

cgi-bin/mimetexpublic.cgi?formdata= を mimetex.cgi? に変更

二つ目は, http://www.anlak.com/?page_id=66 のソースを参考にして,タグを変えることで対応。

\sqrt[n]{2}

こんなことも・・・

\frac{\pi}{2} =\left( \int_{0}^{\infty} \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2 =\sum_{k=0}^{\infty} \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1} =\prod_{k=1}^{\infty} \frac{4k^2}{4k^2 - 1}

できてしまった。すごい!