Nh – Nihonium / ニホニウム

2016 年 7 月 4 日

原子番号113の元素記号は長らくUutでした。そして2015年12月31日に理研の研究グループに命名権が与えられ,今年の6月8日22時30分,理研案の「ニホニウム(Nh=’Nihonium’)」が名称案として公表されました。11月頃までパブリックビューが受け付けられ,よほどのことが無い限りこのまま決まる予定です。


Unt=’UnUnTrium’(ウンウントリウム)とは・・・つまり,1,1,3と言う意味で,IUPACが定めた「元素の系統名」のルールに則って113番元素をこう呼んでいます。1978年時点で発見されてはいるものの,いろいろごたごたがあって未だ命名されていなかった104番元素のRh(ラザホージウム)から順に付けられています・・・104番元素はUnq=’UnNilQuadium’(ウンニルクアジウム)。

そう言えば,私が周期表で目にしたのは103番元素のLr(ローレンシウム)が最後でした。最近の周期表は112番元素まで書かれていますねぇ。(114番と116番元素のFl,Lvが載せられているのも目にします)

元素記号は1,2or3文字の英字という命名ルールになっています。「3文字?」と思われたでしょうが,この系統名がそれに当たります。

この系統名については先のリンクに詳しい説明がありますので,ここではスルーして先へ進みますね。


この投稿の続きを読む »

au → mineo にてスマホデビュー

2014 年 6 月 15 日

5月15日の予約キャンペーンがたまたま目に止まり,早速16日未明

  • 02:06 eoID仮登録
  • 02:10 eoID本登録
  • 02:12 先行予約キャンペーンのエントリー完了.

一応,先着1000名の枠に入れたようで,受付完了メールには

≪先行予約特典内容≫
・端末同時購入:する(端末セット)
・特典内容:ご利用料金から980円(税抜)を24カ月間割引いたします

と,書かれています.

何故か,21:54にも全く同じメールが送られてきていました.なんでだろう?

後で知ったのですが,16日の昼ごろには1000名を突破していたようで,早めに気づいた私はラッキーでした..

その後,eoIDでの初回ログイン時には

■2014年05月26日 20時40分24秒にマイポータルにログインがありました■

と言うメールも届いており,そこそこのセキュリテイは感じられますねぇ.

さぁ,ここからいろいろと彷徨うことになります. この投稿の続きを読む »

万年筆がアタリました

2014 年 1 月 28 日

ペンハウスと言うサイトで毎月行われているプレゼントキャンペーンの,12月分に当選していました!

と言うのも,23日に商品が届いて初めて「あっ!当たった!」と気づいたぐらいで,応募していたことをすっかり忘れていました。

過去にこう言う懸賞の類に当たった試しが無い私ですので,応募はすれど,当たることなど全然期待していませんでした。

当たる時と言うのは,こんなもんなんですねぇ。

で,何が当たったかというと・・・

ペン先

コンバータ付

う〜ん・・・ピントが合ってませんねぇ・・・では,同サイトの特集記事から引用して載せておきます。

22520_top

大西製作所でペンハウス用に特注製造されたもので,大西製作所は今時珍しい,全て手作りで万年筆を製造されているところだそうです。

タダでさえ高価な万年筆が手作りともなれば,誰もが数万円クラスを想像するところですが,その点,ここの商品は良心的で16.800円成。

とはいえ,文房具にこれだけの経費を掛けようとは思わないので,恐らくこの万年筆は最初で最後の本格的な万年筆でしょう。

(どちらかというと,女性向けのデザインのように思いますが・・・)

軸・キャップはアセテートの削り出し,ニブ(nibs)と呼ばれるペン先には SCHMIDT IRIDIUM POINT の刻印が押されていて,中央にFの文字。

5-2_expand_pc

Swarovski?キャップの先端には Swarovski 1028 XILION CHATON が埋め込ま

れていますが,そのせいで随分とちゃっちぃ〜く見

えます。残念ですねぇ。

景品にはパイロットのインキ(こう呼ぶのはパイロットだけかな?)色彩雫(いろしずく)シリーズから「竹林」が付属していませんので,改めて同シリーズの「紺碧」を購入・・・さすが,Amazon。翌日には届きました。

本当に,快晴の空の色でした。やや緑も入っているような・・・

色彩雫シリーズを使うのが初めてなんですが,やや紙への裏写りが多いような気がします。水分が多いのでしょうか?

このインクのせいか,「檸檬」での書き心地はズバリ,素晴らしいです。

なめらかで,筆圧はゼロと言うか紙に乗せているだけで書けます。だからといって,ドバドバ出過ぎることもなく・・・不思議な感触ですねぇ。これが「万年筆」なんですね?

ま,仕事では相変わらずpreppyを使っています。 :wink:

ubuntu 13.04 → 13.10 アップグレードに苦戦

2013 年 11 月 10 日

ubuntu 13.10 がリリースされたというので,早速バージョンアップを考えていると,定期的に「ソフトウェアの更新」がアップグレードを煽ってくるんですよねぇ。? :)

Screenshot_from_2013-11-06 01:13:46

しかし,Ubuntu Japanese Team のリリース情報によると?リリースノートの日本語入力に関する部分?で iBus の仕様変更により,不都合だらけの改悪仕様に成り下がった様です。 :evil:

残念なことに,どうも 13.10 そのものが Windows 8 仕様を意識しているとかで,何とも情けない事情なのですが,対処療法的ではあるものの,その後リリースされた日本語 Remix でも導入されている環境を加えればほぼ元に戻せると判りましたので,手順を残しておきます。 ?:grin:

しかし・・・途中,かなりやばいことになってしまって・・・

では,アップグレード開始・・・その1(なぜ,その1なんでしょう :-|

Screenshot_from_2013-11-06 01:15:29

Screenshot_from_2013-11-06 01:16:00

Screenshot_from_2013-11-06 01:16:54

Screenshot_from_2013-11-06 01:17:31

Screenshot_from_2013-11-06 01:18:08

と,ここまでは順調。後はインストールを待つだけ・・・のはずが・・・

Screenshot_from_2013-11-06 01:19:32

あっ!そうか・・・こういうバージョンアップの時はゴッソリダウンロードしてから書き換えていくので,それだけの容量が必要なんですねぇ。忘れてた。? :?

しかも,我が愛機 eeePC 901X は買ったままの SSD 4GB+8GB 仕様のため,ギリギリで運用中だったのでした。「/」は4GB側のSLCに,「/usr」を8GB側のMLCに切り分けてはいるものの,システム側の4GBは厳しいのは確か。

と言うことで,Ubuntu Tweak や apt-get autoclean 等をせっせと行なって「/」側をダイエットし続けましたが,未だ数百MBの空きが足りない。

Baobab (ディスク使用量の解析)で見ると,どうやら Wine が500MB以上を食っていると判明。一旦,Wine を remove することにしました。これが正解!

何とかギリギリ1.7GB程確保して「ソフトウェアの更新」から再開。

では,アップグレード開始・・・その2

容量不足の難関は何とかクリアして(と言っても,時折「容量が少なくなっています」というメッセージは続くのですが・・・),アップグレードのインストール。

Screenshot_from_2013-11-09 20:25:12

Screenshot_from_2013-11-09 20:25:44

Screenshot_from_2013-11-09 20:27:07

Screenshot_from_2013-11-09 21:05:15

ま,その後もいろいろ有りましたが,無事インストールを済ませ,いまのところ問題なく・・・いや,iBusは使いづらくなっています・・・使えています。

「万年筆を使っている人」の仲間入り

2013 年 10 月 9 日

昔は,中学に入学すると「腕時計(しかも『自動巻き』!)」,高校に入学すると「万年筆(私は『パーカー』だった)と相場が決まっていたもんです。

腕時計は酷使され続けたんですが,万年筆は・・・お世辞にも上手くない手書き文字を,万年筆で書くと更に下手くそに見えてしまう現実と,とにかく「直ぐに乾いてインクが出なくなる」事実を知り,いつの間にか見失ってしまったような・・・

その後何度か,万年筆に触れる機会は有りましたが,いつも[書き味の悪さ」で敬遠したり,とにかく「高価な筆記具」と言う印象が強かったですねぇ。

ですから,最近の筆記具は専らボールペン。それもゲルインクタイプの「Hi-TEC Colleto」で,文房具店にはあまり陳列されていないこともあって,専らネット通販で済ませていました。まぁ,これはこれで未だに細かい字が書きたい時などに使うことはあるのですが,最近ふとネットで面白い筆記具を見つけました。

その筆記具とは・・・何のことはない,最初に書いた「万年筆」です。

まぁ,字が下手でも心のどこかに「万年筆使いになりたい願望」でも合ったのかも知れませんねぇ。

元々抱いていた万年筆への印象「高価」と「書き味の悪さ」の両方がクリアされました。これです。

プラチナ万年筆 preppy

ハローキティ(これをトップに置く理由が???)はスルーして,その下の0.3mm。万年筆的には極細に相当する細さです。ここまで細くなると,普通はインクの出が悪いだろうと想像するのですが,実際に使ってみると,普通にボールペンと同じような書き味。

価格も安く,これならランニングコスト的にお手軽な筆記具と言えるのでは?

とりあえずは定番のブルーブラックとレッドを購入して見ました。

この「Blue Black」と言うインクは,プラチナ万年筆によると

このようにブルーブラックインクは、『青みがかった黒色』であるとか、『黒味がかった青色』であるなどの色目のことではなく、筆記当初はブルーですが、年月の経過と共に染料の青い色の部分が退光した為、その後に混合している鉄の黒い部分のみが紙面に固着して残存していることでブラックになるという、長期保存性を維持している機能を指しています。

当初はブルーで年月経過後にブラツクに変化するという訳です。
濃紺の深い色目がこのインクによって得られる個性ともいえましょう

なんだそうです。

第一鉄イオンが酸化して第二鉄イオンになり黒色沈殿を生じる酸化作用を利用

と言うことで,インク自体は酸性の為,鉄ペンが錆びると言う特性も知っておいた方がいいでしょう。因みに,preppyのペン先ははステンレス製です。