「万年筆を使っている人」の仲間入り

昔は,中学に入学すると「腕時計(しかも『自動巻き』!)」,高校に入学すると「万年筆(私は『パーカー』だった)と相場が決まっていたもんです。

腕時計は酷使され続けたんですが,万年筆は・・・お世辞にも上手くない手書き文字を,万年筆で書くと更に下手くそに見えてしまう現実と,とにかく「直ぐに乾いてインクが出なくなる」事実を知り,いつの間にか見失ってしまったような・・・

その後何度か,万年筆に触れる機会は有りましたが,いつも[書き味の悪さ」で敬遠したり,とにかく「高価な筆記具」と言う印象が強かったですねぇ。

ですから,最近の筆記具は専らボールペン。それもゲルインクタイプの「Hi-TEC Colleto」で,文房具店にはあまり陳列されていないこともあって,専らネット通販で済ませていました。まぁ,これはこれで未だに細かい字が書きたい時などに使うことはあるのですが,最近ふとネットで面白い筆記具を見つけました。

その筆記具とは・・・何のことはない,最初に書いた「万年筆」です。

まぁ,字が下手でも心のどこかに「万年筆使いになりたい願望」でも合ったのかも知れませんねぇ。

元々抱いていた万年筆への印象「高価」と「書き味の悪さ」の両方がクリアされました。これです。

プラチナ万年筆 preppy

ハローキティ(これをトップに置く理由が???)はスルーして,その下の0.3mm。万年筆的には極細に相当する細さです。ここまで細くなると,普通はインクの出が悪いだろうと想像するのですが,実際に使ってみると,普通にボールペンと同じような書き味。

価格も安く,これならランニングコスト的にお手軽な筆記具と言えるのでは?

とりあえずは定番のブルーブラックとレッドを購入して見ました。

この「Blue Black」と言うインクは,プラチナ万年筆によると

このようにブルーブラックインクは、『青みがかった黒色』であるとか、『黒味がかった青色』であるなどの色目のことではなく、筆記当初はブルーですが、年月の経過と共に染料の青い色の部分が退光した為、その後に混合している鉄の黒い部分のみが紙面に固着して残存していることでブラックになるという、長期保存性を維持している機能を指しています。

当初はブルーで年月経過後にブラツクに変化するという訳です。
濃紺の深い色目がこのインクによって得られる個性ともいえましょう

なんだそうです。

第一鉄イオンが酸化して第二鉄イオンになり黒色沈殿を生じる酸化作用を利用

と言うことで,インク自体は酸性の為,鉄ペンが錆びると言う特性も知っておいた方がいいでしょう。因みに,preppyのペン先ははステンレス製です。

criteo banners が鬱陶しいので・・・

受け付けているサイト側の問題とは言え,アチコチでこのcriteo bannersが現れて鬱陶しい。

同様にお困りの方も多いと思いますので,メモを残しておきます。

  1. ブラウザのオプション設定画面へ
  2. プライバシーの設定へすすんで
  3. Cookieの保存に関する例外を設定する項目へ
  4. 対象サイトを設定する欄にcriteo.comと入力
  5. 拒否,ブロックといった項目を選択して適用
  6. Cookieの削除

鬱陶しかったサイトをリロードすれば,もう消えているはずです。

この方法は,どのブラウザでもプラットホームでも大差はないでしょうし,ブロックしたい他のバナーにも有効と思います。

なお,この手続きをせずに,問題のバナーパーツ右上のアイコンをクリックしないほうがいいと思います。私の環境では,WOTと言う評価サイトが「怪しいぞ」と言ってきます。

PIXUS MG4230 を Ubuntu で

年末のみ大活躍してくれていた我が家のプリンタが,とうとうダメになてしまったので久しぶりに買い換えることに。

で,まだデフレ宜しく,「スキャナー機能付き+WiFi接続可能」というハイスペックなモデル

Canon インクジェット複合機 PIXUS MG4230

がなんと・・・9,000円ほどで入手。金欠なだけに助かります(アベノミクスでその内,物価上昇+定収入ですからねぇ)。

我が家のWindowsマシンにはドライバー用CDで(USB接続すること無く)すんなりインストールできてあっけなかったのですが,Ubuntu用は入っていません。

こまりました・・・

で,ネットで検索。

便利な世の中になりました。同じお悩みをお持ちで,ちゃんと自己解決された方がおられて,Webに公開されています。ここです・・・

Ubuntu 12.04へのCanon PIXUS MG4230のインストール方法

ほとんどここに書かれている通りで大丈夫なんですが,いくつかポイントを。

  • MG4230を電源投入し,無線LAN接続を済ませておきます
  • ダウンロードするファイルはdebianファイルを(.deb.tar.gz)
  • システム設定からプリンタを選択
  • ネットワークプリンターを選択して
  • Canon MG4200 を選択
  • ドライバーを要求されるので,なぜか CanonのPIXMA MG4100 を選択
    PIXUS? iP4100 を選びそうなので一応・・・

テスト印刷が始まればOK!

これで我が家もネットワークプリンタ環境に・・・ :D

Ubuntu 仕様のスマホが年内中に実現!?

Facebook上でも紹介記事にリンクしましたが,本家Canonical情報へのリンクも貼っておきます。

→ Ubuntu for phone

そもそもCanonicalとは?ですが,詳しくは例によって Wikipedia にて。 :P

簡単に言えば「Ubuntuを支援する企業(非営利団体ではない)」。Ubuntuを使う上で,至るところでお世話になります。

日本語環境をサポートしているのは任意団体の Ubuntu Japanese Team

さぁ,本題のUbuntu版スマートホンの話なんですが,どうやらCanonicalがハードの要求仕様を発表して,協力会社にOEMするようです。日本企業は・・・その前に,日本はUnix途上国ですからどうなることやら・・・Androidでも出遅れましたしねぇ。

画面の大きさをどうするとかは協力会社に任されているようですが,操作性はPCデスクトップ仕様のUnity環境で言うLauncherのイメージと同じです。

デスクトップでは通常,Launcherを表示したままにしますが,Ubuntu for phoneでは,左辺をタッチして出し入れします(デスクトップでも同様な動きに設定することは可能です)。画面を広く使うための工夫だとは思いますが,使い勝手は使ってみないと判りません・・・当たり前 :D

AndroidもLinuxベースですから,Ubuntu for phoneとの親和性も良さそうです。アプリの移行も早いのではないでしょうか?

UbuntuにTeX環境 -2-

Ubuntu 12.10 になって,TeX Live 2012 がいとも簡単にインストールできるようになりました。

例によって,TeX Wiki 情報に尽きるのですが,結局このこの2行だけ!

sudo apt-get install texlive-lang-cjk
sudo apt-get install xdvik-ja

私の環境では,インストールされるファイルは56個,709MBでインストール後は約1.3GBを消費!・・・以前なら3GB超だったので,かなり減ったとは言える?

で,実際にTeXで作成した文書をpdfなどへ出力する方法ですが,先の TeX Wiki の通りにやれば間違い無いとは言え,どこまでやればいいのか?

結局,以下の設定だけで何とか使えてています。当分このままで使い込んで見ることに。 :smile:

  1. TeX を dvi に変換する外部コマンド作成
  2. dvi を pdf に変換する外部コマンド作成

出来上がった pdf を Evince で確認するという作業になります。

platex → dvi → pdf と一気に行うコマンド(シェルスクリプト)も TeX Wiki/gedit に紹介されていますが,図表の参照時などに pLaTeX を複数回実施したい時など,チョット不便。

ここは,面倒でも1.と2.の2段階の方が都合がいいと思います。つまり,

tex2dvi として・・・

#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
platex -synctex=1 "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME"

dvi2pdf として・・・

#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
dvipdfmx "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`"

gedit から Evince で pdf を確認するなら・・・

#!/bin/sh

cd "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_DIR" && \
evince "`basename "$GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_NAME" .tex`.pdf"

で,十分。

LaTeX Plugin を有効にするような説明がありますが,日本語だからか上手く機能しません。という事で,チェックしていません。 :D

ClamTk の バージョンアップ

UNIXの場合,Windows系OSと違ってウィルス(マルウェア)の心配は殆ど無い(なぜか?)のですが,利用者の増加と共に少しは考えておかないといけないらしい・・・Wine経由というケースもあるかも?

Linux系ではClamAVがオープンソースと言う事もありオススメとのことでインストールしてみた。

最初は,いきなりUbuntuソフトウェアセンタからClamAVのGUI環境であるClamTkをインストール・・・しかし,GUIのバージョンが古い!と言われ,

・・・シグネチャは,起動後に自動で更新しているようで,しばらくすると「最新」と言ってきます。 :smile:

そこで, http://sourceforge.jp/projects/sfnet_clamtk/ から最新バージョン(この時は clamtk_4.42-1_all.deb が最新だった)をダウンロードして,Ubuntuソフトウェアセンターからバージョンアップ!・・・のはずが,ビジーのままで先に進まない :sad:

Synapticでバージョンを覗いても,4.41が最新だと言ってくる?

で,いろいろあって以下の手順でインストールを進めるとバージョンアップがうまくいたのでメモしておきます。

  1. インストール済みの ClamTk を一旦,アンインストールしておく(起動中の場合は終了しておくこと・・・ハマります :P
  2. Synapticからclamavで検索して,clamavを選択(clamav-freshclam,libclamav6 も同時にインストールされます)
  3. 同じく,clamav-daemonもインストール選択(なぜか追加で選択することに)
    後で判ったことですが,選択するのはこれだけでよかったみたい(2.のすべてが依存していました) 8O
  4. 「適用」で一括インストール
  5. ここで新たにリポジトリを登録する もはや古いようですし,不要でした
    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-clamav/ppa
  6. http://sourceforge.net/projects/clamtk/files/ClamTk/ から最新のClamTkをダウンロードする(ここなら何故かバージョンが4.43だった?)
    wgetで直に取ってきてもいいでしょう :D
  7. ダウンロードしたファイルをインストール(x:バージョン)
    sudo dpkg -i clamtk_x.xx-x_all.deb

無事,最新バージョンに!

一応,もう一度すべてアンインストールしてから,最新の ClamTkだけのインストールを試みましたが,ダメでした。依存関係を解決できないようです。

Windows を捨てて Linux へ完全移行

8GB-SDHCの調子が悪くなったので,Raspberry Piに転用したところ,見事生き返りました。なぜでしょう・・・

その時,新規に購入した16GB-SDHCに改めてUbuntu 12.04をインストールして使い始めたのですが,先に投稿したとおり,どうも動きがもたついていて,サクサクとは行きません。

16GB-SDHCはクラス10ですので,以前の8GB-SDHC(class6)よりは速いはずなんですが,却って遅くなっているようでこれは容量の問題なのか・・・カードの初期不良か?

LubuntuやLxubuntuなど,軽量ディストリービューションを試してみてもさほど状況は改善されず,挙句の果てにWindowsの入った4GB-SSDのMBRを壊してしまったよう・・・イカンイカン 8-O

これを潮時と考え,一層のこと本体(SSD)にUbuntuをインストールしてみよう・・・と考えた次第。

SDHCへのインストールと同じですが,eeePC901Xの場合,起動側のSSDは4GBのSLCタイプ。このままでは,4.8GBの空き容量を要求するUbuntu 12.10は収まりません。

そこで,最も多くの領域を使用する[/usr]を8GB-SSD(MLC)に置くことにしました。・・・このような方法はあまり紹介されていないですねぇ・・・なんでだろう?

インストールも無事完了し,4GB-SSDからの起動ですので,電源ON以後はそのまま放置。

??

こんなメッセージが出ました。

The disk drive for /usr is not ready yet or not present.

Continue to wait, or Press S skip mounting or M for manual recovery

最後のピリオドは元から抜けていました。念の為。

恐らく,eeePC901Xに使われているMLCタイプのSSDは,アクセス速度がSLCタイプに比べて非常に遅いことに原因があるのだろうと勝手に解釈。

見つかるまで放っておこう・・・で,案の定,待つこと10秒弱。いきなり起動しました。

速い!

全然違います。Windowsの比ではないです。

と言うことで,これで会社以外でWindowsを使うことはなくなりました・・・

というのは嘘。

sudo apt-get install wine

で,結構Windowsソフトを使いまくっています。 :mrgreen:

Ubuntu 12.04 のデスクトプを classic に

Ubuntu 11.04以降,Unityが標準となったのですが,eeePC-901 には重すぎる。

と言うより,Unityのどこがいいのかさっぱり判らない。理解できない。

軽くするために,デスクトップをLXDEに変えてみたり,ディストリビューションそのものをPeppermintに変えてみたりしましたが,今ひとつしっくりこない。

で,結局次のように「昔ながらのデスクトップ環境:Gnome Classic」に戻してみた。

sudo apt-get install gnome-session-fallback

確かに,軽くなったように思うのですが,サクサクとは程遠い。

この際・・・Windowsを完全に捨てて,SSDにインストールしてしまおうか・・・

UbuntuにTeX環境

一度は,「UbuntuにTeX環境」構築を目論んだのですが,如何せん8GB-SDカードでは容量不足で頓挫していました。

最近になって,16B-SDカードに差し替え環境一新。

再度挑戦してみましたので,メモを残しておきます。

・参考にしたサイト・・・ここ[TeX Wiki]に尽きます :grin:

wget http://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz

で,インストール環境を取り寄せ,展開,移動・・・

tar zxvf install-tl-unx.tar.gz
cd install-tl*

そして,インストール作業を実行!

sudo ./install-tl --repository http://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/

なんと,2528ファイルで合計3153MB! 8O

寝る前に放置してダウンロードだけで4時間弱。

最終的にはちゃんと「Welcome to TeX Live!」で終わっていました。 :)

The MagPi と ブレッドボード

The MagPiと言う Raspberry Pi 専用のマガジンサイトがあって,その Issue 2 – Jun 2012 ,つまり6月号に詳しく Raspberry Pi のデバイス類のつなぎ方,OSのインストールなどが紹介されています。

この6月号10ページからの特集。「IN CONTROL」ですが,ここからが Raspberry Pi の本領を発揮するところらしい。GPIOと言うインターフェースを活用する方法がここで紹介されているんですねぇ。

ところで,このコーナーで使われている BreadBoad というものを私は知りませんでした。昔で言うユニバーサルボードかな?と思い,調べて見ました。

どうやら,今時では当たり前に電子工作に使われているようで,40年以上前,親に買ってもらった電子ブロックみたいですねぇ。

ただ,この Tandy Small Solderless Breadboard は,日本のサイトには見つかりませんでした。Tandy って,あの Tandy かなぁ・・・古い。

276-175_Small-Breadboard_Tandy より

因みに,ブレッドボードは「パンこね台」というような意味らしく,こういった端子台をいう場合は「ソルダーレス・ブレッドボード」というのが正式らしい。文字通り,有害な(鉛をふくむ)ハンダを使用しない端子台という意味。今は鉛フリーですけどね。